スマホの下取りと買取

カズユキです。友達よく聞かれるのがスマホでMNP時の下取りのことです。

簡単に言うと下取りと買取との違いなんですが、意外とみんなわかってないんですよね。

で、普通に考えて高いスマホなら下取りしてくれるのはわかるけど、いまさら下取りなんかしてくれるの?って思えるような古いガラケーまで下取ってくれることがあるけど、あんなもの下取りしてどうするの?って。これも誰もが思う疑問ですよね。

だって、MNP時の下取りでも同じようなことありますからね。

けど、下取りは必ずしも下取りしたあとに再販することが前提じゃないんですよね。なので、故障していたり、相当古いものでも下取りの対象になるんだよね。

再販するにしても国内ではなくて主に海外への輸出が目的になっているんです。

下取りでも機種に関わらず端末の状態も問わずに下取りする場合、再流通目的ではなく、携帯電話、スマホ内部の部品のリサイクルってことが多いんです。

それさえも難しい場合は、廃棄となります。要するにキャリア側が下取りするのは

利益目的じゃなく顧客に機種変更など新機種購入をしてもらう、ある意味、顧客の囲い込みみたいなサービスって感じなんです。

なので買取とは前提になる目的が違うんです。買取は再販で利益を出さなくてはならないから買取業者が査定しますから。だから、少しでも傷があれば、減額につながるわけで、売る方もいかに高く買取ってもらえるかってことを考えなくちゃいけないわけです。

スマホのカメラ機能について

カズユキと言いますが、かなりのスマホ好きです。今、28歳ですよ。

で、オフロに入っているときと寝ている時以外は、スマホを手に持っていないときはないっていうくらいのヘビーユーザーです。

そんな僕が、スマホにまつわる話題を自由に書いています。

ってことで、友人からスマホで自分で撮影した写真(自撮りじゃないけど)をスライドショーにして、そのスライドショーにBGMとして、好きな曲を流したいと思っているって言われたことがありました。んで、こういうのって、以前よくわからなかったんですけど、いろいろとアプリを探したんです。すると、自分で見るためってことで言えば、「写真」アプリでできるんです。

最終的に動画にして保存するのなら、アップルの「iMovie(アイムービー)」ですよね。

動画編集アプリなので、いろいろとできる事も多く、スライドショーを作るくらいの操作を割りと簡単にできますよ。

iMovieの主な機能としては、動画の前後をカットし、別の動画を結合できたり、写真などのスライドショーが作れる。BGMとして音楽を重ねられる。動画再生速度を遅くしたり、早回しにできる。字幕のようにできたりなんかもできるんです。

 

結構、僕はこれに一時期ハマって、いろいろと遊んだ時期があります。iPhoneでやってましたよ。

では、また!