スマホをより高く買取してもらうなら

今回、iPhoneXが発売されたのをきっかけに、僕の周りでも機種変更したから、以前使っていたスマートフォンを売りたいっていう相談を受けました。

一応、中古のスマホを買取に出す場合、基本はSDカードとSIMカードを抜き、初期化します。あとはデータの上書きとかしておけば、いいかなと思います。
で、より高く売る秘訣としてはひとつの中古ショップの買取額だけで決めないことです。
査定額の比較です。
査定の基準って、業者により違うので、同じ機種でも金額数万円とか違うこともあるんですよね。

もちろん、残債があれば完了しておくとか付属品などはできるだけ揃えた状態にしておくっていうのはあるんですけどね。

ネットなどを見れば、一般的にスマホの買取業者のサイトは買取相場を明記しています。スマホの買取専門店を詳細にチェックしてみれば、その結果を参考に、本当に高価で買取ってもらえる候補のお店をピックアップし、更には高値で売却する為のキャンペーンをCHECKしたりすれ、通常よりも高値買取が見込めると言っていいでしょう。

スマホの買取は、優秀な鑑定士に査定してもらえるかどうかで査定額が驚くほど違うものです。

優れた鑑定士が査定してくれれば、もしかしたら相場以上の高い金額での買取が期待できます。

ということで、買取してもらう時に目安となる適正価格を調べる方法としては、複数の業者に査定してもらうことです。
あと、買取してもらう方法ですが、自由になる時間が少ない人なら、手間の掛からない宅配買取がおすすめです。

オンライン上から申し込みを済ませられますし、部屋の中から出掛けることなく、中古のスマホを売ることができます。

で、ちょっとでも高い価格で売ることを望むなら、複数のスマホ買取店にて査定金額を提示してもらい、それぞれの買取価格を照らし合わせて、最高額の店を選択するのが一番ですよ。

一般的にスマホの買取サイトは買取相場を明記していますが、その価格についてはいわばその店が買い取った実績だと考えるべきで、業界全体の買取相場とは差異があることが殆どです。

なので、実際に査定してもらうことで、金額がわかります。そんな感じでスマホの買取をすれば、より高額で買取してもらえると思います。

僕が見つけた参考サイト スマホ 買取のおすすめ業者が見つかりますよ。

中古のスマホを売るときに注意したいこと

カズユキです。

中古スマートフォンを売るときには、いくつか気を付けないといけないことがあるんですよね。

この間も、会社の同僚がスマホを機種変したから、それまで使っていたスマホをネットオークションに出品しようと考えているって聞きました
機種はauのCAL21。

一応、本体の初期化は済んでるって言ってました。

まぁ、基本としてSDカードとSIMカードを抜いてリセットしておくとして、あとUSBケーブルとかでパソコンとかから、害のない画像や動画なんかのファイルを本体に目一杯転送して、内部ストレージをパンパンにしておくといいかもしれないなぁ。

なんでかって言うと、たとえ初期化してもファイル復元ソフトなんかを使えば、簡単にファイルの復元ができてしまうからです。とりあえず害のないファイルで目いっぱい上書きしちゃえば、仮に復元されたとしても出来たとしてもその無害な画像や動画ファイルしかないから、特に問題ないってことになるんです。

ところで、ヤフオクでも中古買取業者でも、できるだけ高く売るコツは査定額や価格を比較することです。

特に中古買取業者の査定額は、買取業者間でも、まちまちなんです。査定の基準ってあくまでも鑑定力だからね。

なのでヤフオクでの価格と中古買取業者の査定額を比較して高い方で売ることで、より高く売れます。

ちなみにヤフオクで売るならキレイな写真を撮ってできるだけ良く見せること。残債はきちんと解消しておくこと、付属品などはできるだけ揃えた状態で出品することです。

手っ取り早く、お金にかえるなら中古買取の方が確実ですけどね。オークションは、結構手間がかかるから。

スマホの下取りと買取

カズユキです。友達よく聞かれるのがスマホでMNP時の下取りのことです。

簡単に言うと下取りと買取との違いなんですが、意外とみんなわかってないんですよね。

で、普通に考えて高いスマホなら下取りしてくれるのはわかるけど、いまさら下取りなんかしてくれるの?って思えるような古いガラケーまで下取ってくれることがあるけど、あんなもの下取りしてどうするの?って。これも誰もが思う疑問ですよね。

だって、MNP時の下取りでも同じようなことありますからね。

けど、下取りは必ずしも下取りしたあとに再販することが前提じゃないんですよね。なので、故障していたり、相当古いものでも下取りの対象になるんだよね。

再販するにしても国内ではなくて主に海外への輸出が目的になっているんです。

下取りでも機種に関わらず端末の状態も問わずに下取りする場合、再流通目的ではなく、携帯電話、スマホ内部の部品のリサイクルってことが多いんです。

それさえも難しい場合は、廃棄となります。要するにキャリア側が下取りするのは

利益目的じゃなく顧客に機種変更など新機種購入をしてもらう、ある意味、顧客の囲い込みみたいなサービスって感じなんです。

なので買取とは前提になる目的が違うんです。買取は再販で利益を出さなくてはならないから買取業者が査定しますから。だから、少しでも傷があれば、減額につながるわけで、売る方もいかに高く買取ってもらえるかってことを考えなくちゃいけないわけです。

スマホのカメラ機能について

カズユキと言いますが、かなりのスマホ好きです。今、28歳ですよ。

で、オフロに入っているときと寝ている時以外は、スマホを手に持っていないときはないっていうくらいのヘビーユーザーです。

そんな僕が、スマホにまつわる話題を自由に書いています。

ってことで、友人からスマホで自分で撮影した写真(自撮りじゃないけど)をスライドショーにして、そのスライドショーにBGMとして、好きな曲を流したいと思っているって言われたことがありました。んで、こういうのって、以前よくわからなかったんですけど、いろいろとアプリを探したんです。すると、自分で見るためってことで言えば、「写真」アプリでできるんです。

最終的に動画にして保存するのなら、アップルの「iMovie(アイムービー)」ですよね。

動画編集アプリなので、いろいろとできる事も多く、スライドショーを作るくらいの操作を割りと簡単にできますよ。

iMovieの主な機能としては、動画の前後をカットし、別の動画を結合できたり、写真などのスライドショーが作れる。BGMとして音楽を重ねられる。動画再生速度を遅くしたり、早回しにできる。字幕のようにできたりなんかもできるんです。

 

結構、僕はこれに一時期ハマって、いろいろと遊んだ時期があります。iPhoneでやってましたよ。

では、また!